銀座に呼ばれて感謝します

日本はまだ捨てていない銀座 hand(パー)

それは呼ばれた物語だった。昨日亡くなったすべての兄弟とその家族は、居間の配置のために来た。

葬儀は順調に進みました。

私は落ち着いた顔で安堵したという報告がありました。


だから、死の45分前に手を持って、

銀座の努力に感謝します。あなたが自信を持って眠るべきだと言うなら

私は左手で強く手を握ったので、うまくいかないはずです。
驚き私がこれのように大丈夫だったと思ったことはまだ大丈夫だった。


銀座の部屋を整理すると、

看護師は呼び出し音を鳴らします。

皆さんに感謝の最後のお話をするとき

プランタン銀座『母の日ギフトフェア』

 

コメント